トピック

記事表示

~15年ぶりの火星最接近~

 本日7月31日に、火星と地球の最接近が起こります。最接近時の火星と地球の間の距離は5,759キロメートルになり、「大接近」と呼ばれる近い距離での接近となります。今回のように6,000万キロメートルよりも近い距離での接近となるのは15年ぶりです。このころの火星はマイナス2.8等の明るさで輝いています。
 「大接近」と聞くと、その日や時刻ばかりを気にしてしまいがちですが、火星の明るさは9月上旬頃までマイナス2等を超え、観察しやすい時期が続きます。このころの火星を望遠鏡で観察すると火星が丸い形をしていることや、表面の模様を確認することができます。火星の模様は火星の自転により24時間40分ほどで1周するため、観察する日時によって見える模様が違います。また、火星の表面でときおり発生するダストストーム(砂嵐)などによって、模様が薄くなったり見えなくなったりすることがあります。今年の夏から秋にかけては、赤く明るく輝く火星を楽しみましょう。また観望会などに参加して、望遠鏡で火星を見るのもおすすめです。
 下の写真は、天文ボランティアのEさんが、最接近直前の火星を撮影したものです。
mars20180727e.jpg
写真:最接近直前の火星
PHP Blog