トピック

記事表示

~3年ぶりの部分日食を観察しました!~

 2019年1月6日(日)の朝から昼前にかけて、全国的に部分日食が見られました。前回、日本で部分日食が見られたのは2016年3月9日でしたから、実に3年ぶりの部分日食となりました。福岡では8時38分37秒から部分食が始まり、9時47分24秒に食の最大を迎えました。
 当館では、当日9時40分から観察会を行いました。朝9時の段階では、久留米の空は雲に覆われており、観察会を開催できるか不安でしたが、9時30分頃から次第に晴れ間が見えてきて、その後はばっちり観察をすることができました。当日は朝から部分日食を目当てに来館される方も多く、みなさんで平成最後の部分日食を楽しむことができました。
 今年は12月26日(木)にも部分日食を見ることができます。国立天文台によると、1年に2回、全国的に日食を見られるのは1992年以来ということです。福岡では、食の始まり14時14分01秒、食の最大15時25分17秒、食の終り16時28分15秒となる見込みです。当日は当館でも観察会を開催いたします。この日は当館の2019年最後の開館日です。この日も天候に恵まれ、多くのみなさんと一緒に部分日食を観察できることを楽しみにしています。
 
solar0106.jpg

下の写真は、厚紙に小さな穴をあけ、日食中に影を作ったときの様子です。日食ではないときに影をつくると、穴を通った光は太陽の円形で映りますが、日食中に影を作ると、1つ1つの穴を通った光が、上の写真下のような太陽の欠けている形がそのまま映ります。
pinhole0106.jpg
PHP Blog